THE☆アルバイター

飲食店のアルバイトにおける面接

飲食店のアルバイトにおける面接

飲食店でアルバイトを希望する場合は、面接担当者が忙しくない時間帯に面接に関する電話をすると良いです。
勤務したことのない店でも、多くの飲食店はランチタイムと重なる午前11時~午後2時と、繁盛する時間の午後6時~9時は連絡を控えます。
飲食店では食べ物を扱うので、アルバイトでも清潔感が重要視されます。
デニムではなくキレイ目のパンツや、シンプルな柄、落ち着いた髪色などが爽やかな印象を受けます。
服装だけでなく男性は爪の長さや髪型、ヒゲが伸びていないか、女性ではネイルやメイクが派手でなくアクセサリーも控えるなど、全体の印象を意識します。
飲食店のアルバイトはキッチンとホールで仕事が分かれているので、希望を聞かれることもあります。
どうして他の店を選ばなかったのかと質問されたら、その店の料理が美味しかったなど、飲食店を褒める回答が好まれます。
店内の飲食スペースで面接を受ける時は、ドリンクを出してくれることがあります。
テーブルに置かれたら、面接が一通り終わってから飲むか、話の区切りでタイミングを見計らって手をつけます。
基本的にドリンクの代金は自分で払いますが、面接担当者が会計を断ったらしっかりとお礼を言います。

学生のアルバイトは社会性が身につく

大学生や専門学校生の中には地方から都心へ出てきている人も多く、生活費を稼ぐ為にアルバイトをしているという人も多いでしょう。
仕送りをもらっているという人でも、十分な生活費をもらっているという人はあまり多くはなく、食費や家賃、人によっては学費を稼ぐ為にアルバイトをすることは必要となるでしょう。
学生にとって、お金を稼ぐバイトは、社会人になる前に訓練にもなるので、社会人として就職する前に社会性や敬語、礼儀などを身につけていくことにも役立っているといえるでしょう。
また、学校以外に交友関係を作ることができ、人付き合いの幅も広げることができるというメリットもあります。
アルバイトをすることで、接客のスキルなども身につけることができるようになるので、顧客との接し方の勉強にもなるでしょう。
アルバイトばかりを行っていて、学業がおろそかになってしまうのは問題がありますが、空いている時間に働くことは自立や成長の為にはとても役に立つといえるでしょう。
学生のバイトは、雇い主の側から見ても貴重な戦力となることが多く、若くて実力がある人が働いてシフトに入ってくれれば、お店も上手く廻っていくというメリットがあるでしょう。

おすすめバイト情報

あなたにぴったりの塾講師アルバイトを探す

塾のバイト探しなら

Copyright 2015 THE☆アルバイター All Rights Reserved.